30代実家暮らし女はモテない?!今すぐ独り身人生から抜け出す方法

「30代実家暮らしはモテない」とっても失礼な説がまことしやかに囁かれています。

もし思い当たる節があるのなら、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

「本当に実家暮らしはモテないのか?」「実家暮らしの30代女性が独り身人生から抜け出す方法」をテーマにお伝えしていきます。

今すぐ彼氏を作りたい方のお手伝いが出来ると思います。

実家暮らし女はモテない?

職場では新人を教育する立場になって頼られるのが心地いい。

実家暮らしだから、家事は母がしてくれる。

通帳の残高を気にせずに、趣味にもお金をかけられる。

快適な暮らし。

ただ、周りの結婚へのプレッシャーはここ数年増すばかり。

最近入会した結婚相談所では、なかなかストライクゾーンは見つからない。

ネット婚活に変えようかな?

なんて考えながらも、まだまだ焦ってはいない・・・というのが本音ではないですか?

実家暮らしの30代女性がモテないというのは間違いです。

モテないのではありません。

「彼氏がいなくても困っていない」人が圧倒的に多いのです。

実家暮らし女子が同じ30代女性と決定的に違うのはなんでしょうか?

そう、「孤独感」です。

実家暮らし女に足りない魅力

実家暮らしが長くなると、孤独を感じる時間がありません。

大人になると母親とは友達感覚になってきて、話し相手にも困らない。

(30代で実家暮らし女性の特徴は母親との関係が良いことです)

残念なのはただ一つ、「女友達との時間が減ってくる」ことです。

30代になると多くの友人は結婚しています。

女性は家庭を持つと生活が一変し、独身女性とタイムスケジュールが合わなくなります。

そうなると、残された独身女性は外で遊ぶ相手がいなくなり真っすぐ家に帰るようになるのです。

同年代との外出の機会が減ると、流行りを追うという習慣がいつの間にかなくなってくるので、お洒落がアップデートされなくなってきます。

また、友人を介しての異性との出会いはなくなるので、自然な出会いも格段に減ります。

そんな要因が重なると、残念なことに「女子力」がジェットコースターのように下降していくのです。

女子力が減った状態で「婚活」をすると、久しぶりの異性との交流に気合が入りますよね。

アップデートされていないお洒落感覚で「必死に気合を入れる」とどうなるか?

ちょっとダサい頑張った女に仕上がってしまうのです。

そう、30代実家暮らし女性に足りないのは「女子力」です。

実家暮らし女が今すぐ彼氏を作るには

「彼氏がいなくても困っていない」「女子力が足りない」そんな30代実家暮らし女性が、今すぐ彼氏を作るにはどうすれば良いのでしょうか?

やめた方がいいこと

多くの人が選ぶ方法である「サポートシステムを利用した婚活」はやめましょう。

なぜなら、どうしても一歩引いてしまうからです。

焦りがない分「自分から押す」ことはしたくありませんよね。

(心当たりがありませんか?)

そしてパーティーなどでは、多くの女性と比べられるので「女子力が劣る」ことが致命的になります。

習い事をはじめよう

そんな30代実家暮らし女性におすすめしたいのは「習い事」です。

習い事での出会いは「ごく自然な出会い」で向こうも構えることがありません。

同じ趣味を同じ空間で体験する時間で、自分の魅力を自然に伝えることが出来ます。

彼氏を作るぞ!と意気込むのではなく、趣味を楽しむという気軽な気持ちで習い事をはじめてみましょう。

そこで注意したいのは、あくまでも彼氏を作るきっかけに習いごとをはじめるので、「出会いのある習い事」を選ばなければいけません。

・男性のいない習い事

・同じメンバーで固定されるクラス

(自分のクラスに良い人がいなければそこで終了です)

は意味がありません。

おすすめの習い事

では、おすすめの習い事をピックアップしますね。

★陶芸教室

(男女ともに大人に人気の習い事です。体験などで頻繁に新しい出会いがあるので、いい人と巡りあう可能性があります)

★ワインスクール

(大人のハイスペック男性に人気の習い事です。ワインの試飲会やパーティーなどが開催されることも多いので、新しい出会いの機会も多くあります)

★カメラ教室

(初心者向けのグループレッスンを選びましょう。外で一緒に撮影する機会が多いので、自然と距離が近くなります。良いカメラは高額なので、高収入の男性と巡り合えるチャンスがあります。)

実家暮らし女が独り身から抜け出す方法

では、 具体的に独身から抜け出す=結婚まで進む ステップをお伝えしますね。

習い事で彼氏をつくる

習い事で良い人を見つかれば、迷わず自分からデートに誘いましょう。

大人の男性は、自分から誘って断られるリスクを冒さないことが多いのです。

はっきりと「一度デートして頂けませんか?」と丁寧に申し込むと、相手は悪い気はしません。

可能性のある相手であれば、お付き合いへとスムーズに進むことが出来ます。

家族ぐるみのお付き合いをする

彼氏が出来たら、彼氏が結婚を意識する前にスピーディーに家族ぐるみのお付き合いへ進みましょう。

「家族を紹介したいの。」というのはNGです。(重い!重すぎます!!)

あくまでも自然に、例えばデートしているレストランで母親とばったり会い、しばらく(30分ほど)席を共にする、というようなシチュエーションを作りましょう。

もちろん、母親とは入念な口裏合わせをして、協力してもらうことが必要です。

母親は娘の結婚を望んでいるので「願ったりかなったり」で協力してくれるでしょう。

一度顔を合わせて時間をすごしたら、彼は親と合うことに抵抗を持たなくなります。

家に招いて食事をごちそうしたりできたら最高です。

その時点で彼が引いていなければ「ゴールイン確定」です。

プロポーズ

女としては彼からのプロポーズを待ちたいところですが、そんな悠長なことは言ってられません。

30代のうちに独身から抜け出すには、自分から行くスピード感が必要です。

大げさなサプライズなどは要りません。

「一緒に住む部屋を見に行かない?素敵なマンションを見つけたの。」というように、自然な流れで結婚を意識してもらうように動きましょう。

ここで気を付けたいのは「同棲」は絶対にしてはいけません!

彼が「同棲」を望んだら、これもまた母親の力をかりましょう。

すんなり同棲をすると見せかけて、「マンション契約の保証人」に母親を提案します。

判を押してもらうために家に招き、母親から「どうせなら結婚してくれたら安心だわ。」というようにはっきりとその場でお願いしてもらいます。

流されやすい人であればそのまま話を進めることが出来ますし、断られるようであれば、残念ですがご縁がなかったと思いお別れした方が良いでしょう。

もし彼への愛情が深まっていて、「結婚しなくてもいいから一緒にいたい」と思えるのであれば、別れることを選択しなくてもいいかもしれません。

ただ、その時点で結婚しないのであれば、長く付き合った末に分かれる結末になることも想定しましょう。

まとめ

実家暮らしの30代女性はモテないわけではありません。

一人暮らしの独身女性に比べて「焦りが足りない」のです。

自然な出会いの環境で自分をアピールできれば、素敵なご縁に巡り合える可能性があります。

習い事などに足を運び、自ら出会いを求めて、今すぐ独り身人生から抜け出しましょう!

ご縁には仲良しの母親がキーパーソンになるかもしれません。

ご両親を大切に、幸せな未来を切り開いて頂きたいと思います。

コメントする