リスク高すぎ?!30代後半は一回り年下の男性とすぐ結婚しちゃダメ

年下キラーという訳ではないけど、たまたま好きになった人が年下だった・・・

良くある話で、女性の方が年上のカップルの結婚はうまくいくと言われています。

30代後半の女性が一回り年下の男性との結婚はどうなのか?

お付き合いするメリットと結婚するリスクを比較して考えてみましょう。

結論は「すぐ結婚しちゃダメ!」です。

一回り年下の男性の魅力

30代後半の一回り年下というと20代半ば~30代目前の男性ということですね。

30代の男性は20代に比べて精神的に落ち着いてきた頃で、仕事にも慣れてこれから脂がのってくる、というところでしょうか。

20代後半から男性はモテ期に突入します。

20代~40代女性全ての「ストライクゾーン」に入るからです。

20代後半の男性は未熟で可愛らしく見える面と、頼りがいのある男らしさとが混在してとても魅力的に映るのです。

一回り年下の男性とお付き合いするメリット

そんな急上昇株の男性を射止めた30代後半の女性は、とても魅力的な女性であることは間違いありません。

周りにも羨ましがられることでしょう。

周囲の目はやはり気になりますから「不釣り合い」だと思われたくはありませんよね。

すると、若さを保つためにお洒落や自分磨きにも気合が入りますので「女性としての劣化を防ぐ」という点でとてもメリットがあります。

また、その時期の男性はエネルギッシュで性的にも最も充実している年代です。

そんな彼をパートナーに持つと、ともすると崩れがちな30代後半女性のホルモンバランスをグッと底上げしてもらえることでしょう。

女性としての美を保つという意味では一回り年下の彼は「これ以上ない」美容液だと言えますね。

また、仕事面でもこれから成長する伸びしろが大きく将来性があります。

もし転職するにしてもまだまだ有利な歳ですので、新たなチャレンジの可能性もあります。

同年代の男性と比べると、一回り年下の男性は「一緒にいて良い刺激をうけられる」ことでしょう。

一回り年下の男性と結婚するリスク

お付き合いする上で良いことしかないように感じられる一回り年下の男性ですが、結婚となると話は変わってきます。

結婚相手には非常にリスキーな物件なのです。

では、どんなリスクがあるのでしょうか?

結婚してからおとずれる劣化

30代後半の女性が「すぐに結婚したい」と思う気持ちは分かります。

友達はみんな結婚しているし、親からのプレッシャーも強烈。

なにより、大好きな彼との子供が欲しい。

彼にプロポーズされたら迷わず「YES」という覚悟はできています。

さて、これから結婚を決めて式場を予約して、、、おそらく結婚する頃にはあなたは40歳の大台を迎えます。

その時彼は30代前半。

新婚生活を思い浮かべてみましょう。

きっと今と変わらない愛情を注いでくれる素敵な彼。

結婚したことで様々なプレッシャーから解放された自分。

3か月後ふと気づくと、いつの間にかお腹周りにお肉がついている。

ハッ!として鏡をみるとフェイスラインも緩んでいる?

そうです。

ほとんどの40代の女性が感じる「女としての劣化」を感じる瞬間が来るのは結婚後なのです。

それまでは若い彼と釣り合うように必死に努力してきました。

結婚して幸せになると、その安心感から努力の手が緩みます。

40歳という年齢は甘くはありません。

手を緩めるや否や、即座に老化が襲い掛かってくるのです。

また、彼との待望の赤ちゃんを授かったら最高の幸せですよね。

辛いつわりが終わると猛烈な食欲がやってくることをご存じでしょうか。

女性の体は不思議なもので、赤ちゃんを育てるためにはどんどん自分をカスタマイズしていきます。

年齢に関わらず、出産で酷使した身体は疲弊します。

疲弊した最中から待ったなしに、新生児を育てる「眠れない時期」へと育児は続いていきます。

一点の曇りもなく、「子育ては最高の幸せ」と言えます。

ただ、30代後半の女性の美しさを保つという意味ではあまりにも過酷な試練です。

美への探求を続けることが出来ない限り、女性としての劣化を感じるシーンは早かれ遅かれおとずれるのです。

結婚するなら5年後

30代後半の女性は、一回り年下の男性と結婚するのはリスキーです。

結婚して急に劣化しはじめた妻から心の離れる可能性は否めません。

もちろん、そうでない人の方が多いでしょう。

ただ、彼の心は変わらなくても、自分自身が苦しい気持ちを味わうかもしれません。

自分に自信を失っていくと、疑心暗鬼になるからです。

そんなリスクを回避するには、自らが40代であることに慣れた頃に結婚へ進むという方法です。

5年という月日を経て彼との愛情がより深まっているのであれば、結婚することにためらう必要はありません。

年を経たカップルの方が年齢差を感じなくなるという統計があります。

18歳と38歳のカップルと、38歳と58歳のカップルでは印象が違うと思いませんか?

若いほど不自然なのが歳の差なのです。

一回り年下の男性とすぐ結婚しちゃダメ

ただ一つ、5年待つことに決定的なデメリットがあります。

それは子供をもつことが難しくなるという点です。

それでも、冒頭で説明したように「出産による容姿の変化」「容姿の変化による気持ちの焦り」を考えると、すぐに結婚して滑り込みセーフで子供を産むという選択はリスキーです。

では、こう考えてみてはどうでしょう?

彼の子供をどうしても育てたいのであれば、「一人で育てる」という選択です。

もちろん、父親として認知してもらうのは前提です。

ただ、「彼をあてにする。」という結婚の形をやめるのです。

結婚しないという選択

結婚しないというありえない選択をしても、「彼の子供を産む」ことは可能です。

子供にとってかわいそう?という人もいるかもしれませんが、子供が幸せかどうかは、子供が決めることで他人が決めることではありません。

母親が幸せに充実した人生をおくり、子供に愛情を注ぐことがなにより大切だと思います。

結婚して普通の家庭を築き、関係が冷え切った夫婦のもとでイライラして不安げな母親に育てられるかもしれないリスクを考えると、子供にとってどちらがいいか?はわかりませんよね。

結婚しないという選択は「あくまでも一時的措置」です。

結婚を急がずに出産をし、5年待って愛情を育んだのちに正式に結婚する。

この逆転の発想が、最強の歳の差カップルを生む法則ではないでしょうか。

もし5年後に入籍を彼が拒んだとしたら、そんな男と結婚せずに済んで万々歳です。

最愛の子供と共に、誇り高く生きていくことができます。

まとめ

この記事では「こうなったら最悪」というリスクを想定して「30代後半は一回り年下の男性とすぐ結婚しちゃダメ」という意見をご紹介しました。

一般的な考え方ではなかったかもしれませんが、歳の差婚で辛い思いをして離婚するカップルがあまりに多いことを考えると、一考しても時間の無駄にはならないと思います。

「結婚はせずに一人で子供を育てたい」という提案をもし彼にしたら、驚くかもしれませんし、憤慨するかもしれません。

そこで大切なのは、しっかり愛情を伝えることです。

5年後の結婚を前提に提案を受け入れてくれる人は、あなたの事を本当に想ってくれていると思います。

「そんなの嫌だ!今すぐ結婚しよう!」という情熱的な彼も素敵です。

つまりは、あなたの幸せはあなたが決めるのです。

この記事が、あなたが自信をもって彼と幸せな道を進んでいくきっかけになれば幸いです。

コメントする