婚活女性が意外と知らない《40代男性が好きな女性のファッション》

出会いを真剣に求めている婚活中の女性は向上心があり、本当に素敵です。

容姿に磨きをかけるように、ファッションも男性の好みに寄せていこうという賢い女性にぜひお伝えしたいことがあります。

男性は年代で「ファッションの好みが違う」という事実です。

薄々は気付いているけれど、それが何かは分からない!肝心のところが知りたい方はぜひ記事を読んでみて下さいね。

今回は「40代男性」の好きなファッションについてお伝えしたいと思います。

40代男性が好きな女性のファッション☆清楚がキーワード

40代男性の思春期

男性の好みは、10代の思春期の頃に形成されます。

その頃に憧れていた女性(初恋の人や芸能人)のファッションイメージに、大人になっても無意識のうちにドキドキしてしまうのです。

40代男性が15歳くらいの頃(1990年代)にさかのぼってみましょう。

当時はコギャルと呼ばれる女子高生があふれ、ガングロ(日焼けサロンでわざと真っ黒に日焼けする)、茶髪が流行っていました。

ほとんどの女子高生はファッションは膝上20センチのミニスカートにわざとウエストをチラ見せするチビT(ピタッとした小さいTシャツ)の同じような服装で、年齢にそぐわない派手な化粧をしていました。

歌手の安室奈美恵さんのファッションを真似する最先端のお洒落で、街には「派手」「肌みせ」「カラフル」「チェック柄」「大きめの花柄(ハイビスカス)」というキーワードのファッションの女性しかいないというほどのコギャル旋風が吹き荒れる中、男性の憧れる女性は実は「真逆」だったのです。

規則の厳しいあるお嬢様学校の制服が真っ白なワンピースだったのですが、派手な同級生たちに圧倒されていた男子高生たちはその清楚さに虜になりました。

本来男性は「強い女性」より「守ってあげたくなる女性」の容姿を好む傾向になります。

真っ白なワンピースの女子高生は全国の男子高生の憧れで、それに気づいた一部の女子高生の間ではその女子高の制服の古着を密かに購入して、ナンパされるために放課後の街にくりだすということが流行っていたほどです。

ともかく、その時代の男性は少数派のおしとやかで清楚なファッションの女性を求めていたことは間違いありません。

いつの時代も「清楚な女性」は男性の憧れなのです。

白が大好き

突然コギャル時代は突然終わりを告げました。

次にファッションリーダーとして、歌手のあゆ「浜崎あゆみ」が世間を牽引したのです。

あゆは透き通るような色白の美少女で、その透明感に女性も男性も虜になりました。

あゆ派の女性が増えるにつれ、肌の白さに憧れる女性が増え「ガングロ時代」は終わりを告げ、次にブームになったのは歌手の華原朋美さんです。

彼女のトレードマークは長いストレートのサラサラの髪に白い肌、真っ白のワンピースでした。

多くの男性がそんな華原朋美さんを「ともちゃん」と呼び、熱狂的に支持され、女性には白いワンピースが飛ぶように売れました。

この時代の最強モテファッションはこの白ワンピでした。

つまり現代の40代男性が思春期に最も萌えるのは、当時の華原朋美さんのような「白いワンピース」でまず間違いないでしょう。

白が男性にうける理由は「下心を刺激する」からです。

白は裸を連想させる色です。

そんな「エロい」色である上に「清楚」であるというギャップ萌えが、男性の心を掴んで離さないのです。

40代男性が好きな女性のファッション☆シンプルワンピ

時代背景

時代背景(景気)が女性のファッションに大きな影響を与えることはファッション界の定説です。

景気が良くなれば「男性の好み寄り」に、景気が悪くなれば「女性が強く」なります。

1990年代はバブルがはじけた後の長い不況で世間は暗い風潮の中で、コギャルが大流行していたのですが、2000年頃にはITバブルが発生しにわかな景気の回復を見せる中、世間は「IT系社長」がトレンドで女性の憧れとなりました。

その時代のは巻き髪と女性らしいファッションで男性好みのファッションが流行ったのです。

(分かりやすいですね)

現在も不況が回復したとは言えない時世で、清楚なアイドルが人気が確立していることからも「男性の好みに寄せた」時代だと言えると思います。

ワンピ最強

令和になり、男性好みに寄せた女性のファッションにも変化があらわれています。

2010年にガウチョパンツの流行以降女性の服装は多様化し、今ではボトムスだけでも多くのタイプがあります。

最近では特に大きめのらくちんなシルエットが主流で、体のラインを出す服装をする人も少なく、女性として男性の目を意識するより自分自身の着心地の良さや、男性の視線に流されない個性を重視したファッションが人気となってきています。

不景気がすっかり定着し当たり前となった今、景気に左右されるという傾向が現れにくくなっているのかもしれません。

スカートもミニスカートをはく人はごく少数です。

そんなジェンダレスな風潮の中、男性に人気なのはやはりワンピースです。

ワンピースが人気の理由は、服としての作りが最も作りがシンプルなところだと考えられます。

ZIPを下げたら簡単に着脱が出来ることを連想させ男心をくすぐるという単純な理由なのです。

帯を引くだけで脱げてしまう「浴衣」が人気なのと同じ理屈です。

ともかく、清楚なシンプルな作りのワンピースが最強という認識でまちがいありません。

まとめ

40代男性は思春期の憧れである「清楚な女性」のイメージを確立した「白いワンピース」が大好きということで間違いありません。

お洒落な大きめのピアスもカラフルなバングルも、必要としません。

もし白が似合わないので避けたいという場合は、パステルカラーで優しい清楚さを表現しましょう。

原色やゴテゴテとしたフォルムは40代の男性受けは最悪なのです。

同じ「白いワンピース」でも、素材や形(柔らかいシフォン素材や、パリッとした綿素材、膝丈やミモレ丈など)で様々なバリエーションがあります。

自分に似合う、自分が最も素敵に見えるものは探すと必ず見つかります。

デートや婚活のために自分の魅力を引き出してくれる最強白ワンピを手に入れて「素敵な恋」を育んで下さいね。

コメントする