運命の人の見分け方/赤い糸の真実・スピリチュアルでソウルメイトと結ばれる方法

「結婚するなら運命の人が良いけれど、どこで出会えるか知りたい」

「運命の赤い糸伝説を信じているから、婚活で受け身になりがち」

「彼氏が運命の人かどうか知りたい」

そんなスピリチュアル(見えない精神世界)な価値観で運命の人を探している人にとって気になる「ソウルメイトと結ばれる方法」について、この記事では

◆運命の人の見分け方

◆運命の人と出会った時のアプローチの方法

◆運命の人と幸せになる方法

について考察していきたとい思います。

スピリチュアルの世界をうさんくさいと捉えるか、活用したいと捉えるかはあなた次第です。

運命の人の見分け方/赤い糸とスピリチュアル

日本のスピリチュアルの歴史

日本のスピリチュアルの歴史は太古の昔までさかのぼります。

邪馬台国の女王卑弥呼は呪術師だったと言われており、スピリチュアルをもって国を治めていました。

奈良時代、万葉集にはこんな歌が残っています。

神代(かみよ)より言ひ伝(つ)て来(く)らくそらみつ大和(やまと)の国は皇神(すめかみ)の厳(いつく)しき国言霊(ことだま)の幸(さき)はふ国と語り継(つ)ぎ言ひ継(つ)がひけり (抜粋)

万葉集巻五・八九四 山上憶良

現代語訳:神代の昔から言い伝えるには、大和の国は神が威厳を持って守る国言霊が幸いをもたらす国と語り継ぎ、言い継いできた・・・

万葉集にはこの歌の他にも、多くの「言霊」(言葉のスピリチュアルな力)についてふれられた歌が残っています。

つまり昔から日本では言霊(言葉のスピリチュアルな力)が幸せをもたらす国だと根付いていたということです。

また、平安時代には、安倍晴明を代表とするスピリチュアルの代名詞ともいえる「陰陽師」が台頭していきます。

陰陽師は飛鳥時代頃から中国から伝わり、律令制で官職(公務員のようなもの)として政治に密接に関わっていました。

その後、戦国時代に豊臣秀吉が陰陽道を嫌ったことから政治的に失脚したと言われていますが、それでもなお民間で存在感を放っていました。

そんなスピリチュアルの一時代が終わったのは明治時代です。

文明開化を境に日本でのスピリチュアルの伝統は「科学」に取って代わられたのです。

次第に陰陽師という職業も認められなくなり、科学の急激な発展によって目には見えないものを否定する極端な考え方が日本に浸透していったと言えると思います。

今の日本はどうでしょう?

現代においてその目には見えない精神世界や霊魂の存在を完全に否定できないという考え方が再燃してきたのを感じる人も多いのではないでしょうか?

2006年に「ザ・シークレット」(ロンダ・バーン著)が世界的にヒットしたことを皮切りに、日本でも「引き寄せの法則」が一躍有名になり、自己啓発というジャンルがビジネスや恋愛においても人気を博しています。

私の考えですが、この世界的なスピリチュアルの流行は「近代科学の更なる発展」が後押したものだと言えると思います。

近年、宇宙やマクロの世界への研究が盛んに成果をおさめています。

それによって、宇宙やマクロの世界のように目で確認できるものではなくても「確実に存在する」ことに実感を得ることが出来るようになりました。

ブラックホールの存在が数式で証明されたことをはじめ、宇宙科学がさらに一歩進んできたことは確実に

「目には見えないものも確かに存在している。科学で証明されていないだけで、宇宙(世界)には私たちの想像もつかない世界が広がっている」

と人々が認識した一因だと考えられるでしょう。

つまり、日本は再びスピリチュアル(精神世界)の重要性を感じる社会となっているのだと結論付けることが出来ると思います。

赤い糸の由来

「運命の人とは赤い糸で結ばれている」というイメージはどこからきているのでしょうか。

由来は中国の『定婚店』という逸話が元と言われています。

主人公は韋固いこという青年。彼はもともと孤児で、早く結婚したいという願望を強く持っていました。でも、なかなかいい話がまとまらないまま、すでに十年の歳月が過ぎていました。

 そんなある日、青年は縁談の紹介をしてくれた人に会うため、朝の暗いうちから出かけました。途中の石段で老人に出会いました。大きな袋に寄りかかって座り、月明かりで本を読んでいます。のぞき込んでみると、見知らぬ文字が書いてあります。

 聞けば、老人が読んでいるのは冥界の本であり、老人も冥界から来たのだと言います。人々の結婚に関する運命を管理しているようです。

「その袋の中には何が入っているのですか」

「これは赤い縄だ。夫婦になる者どうしの足をつなぐものだ。たとえ敵味方であっても、いったんこの縄でつながれたら、運命を逃れることはできない。君の場合は、今度の縁談はうまくいかない。本当の相手はまだ幼く、十数年後に結婚できるだろう」

 青年はそれでは困る、と運命を変えようとするのですが、結局は老人の言うとおりになり、十数年後に幸せな結婚をすることができました。青年の結婚相手が育った村は、後に「定婚店」と名付けられました。

引用 飯間浩明氏 考える人

この逸話での赤い縄を脚に結ぶことが日本では赤い糸を小指に結ぶこととなっていますが、そのように変化した理由として『日本では縄を脚で結ぶことは「罪人」を連想させるので定着しづらかったこと』と、『花魁が遊郭で恋人に愛を誓う際に小指を切って渡す習慣があったこと』などが考えられます。

ソウルメイトとは

スピリチュアルの世界では運命の相手をソウルメイトと言います。

ソウルメイト は、soul(魂)とmate(伴侶、仲間)を組み合わせた英語の造語で、「魂の伴侶」という意味です。

アメリカで結婚相手のことをベターハーフ(自分のより良い半分)と呼ぶのもソウルメイトに由来しています。

ソウルメイトは転生説に基づいており、前世から繋がりがある魂だと考えられています。

もともと1つだった魂が何らかの原因で2つに分かれて、その片割れを探し続けているというイメージでしょうか。

もともと1つであったもの(魂)なので、出会っただけですぐにピッタリと共鳴しあい、1つになることで本来の自分を取り戻し幸せになれる・・・

大ヒットした「君の名は・・・」という映画もソウルメイトをモチーフにした話ですね。

恋愛においてソウルメイトに出会うことは、確固たる幸せを手にすることができる、まさに「奇跡」なのだと思います。

スピリチュアルで運命の人が分かる?

スピリチュアルを活用して運命の人を見分けることはできるのでしょうか?

そもそも何の特殊能力も持たない普通の人が「スピリチュアル」を使うことができるのでしょうか。

その疑問は「第六感」という言葉で説明することが出来ます。

第六感とは霊感とほぼ同義で、人が五感(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)以外の感覚で物事を捉えることです。

古くから「虫の知らせ」とも表現されていて、そんなに特別なことではありません。

誰しも経験したことのある「なんだか嫌な感じ」という感覚もそれです。

チェルノブイリ原発事故の2日前から一部の作業員が「何だか落ち着かない」と話していたことは有名な例です。

また、人間以外の動物には第六感があることは不思議なことではなくマダニがハラー氏器官から動物の二酸化炭素を検出することも分かっています。

科学でまだ解明されていないだけで、第六感やソウルメイトが実証される日がいつか来るかもしれません。

現時点ではごく一部の「スピリチュアルを感じることのできる人」でなければソウルメイトをはっきりと断定できないと言えますが、ソウルメイトと出会った時に感じることのできる感覚と言われている代表的なものを記します。

◆以前にもあったような、懐かしいような不思議な感覚になる

◆たまたま同じ瞬間に言葉を発する、同じ瞬間にラインをするというようなシンクロをおこす

◆好き嫌いに関わらず頭の片隅で相手の事を考えてします

◆相手の匂いを嗅ぐと心地いいと感じる

◆手相や耳の形など、体の一部が相似している

◆同じ数字を共有している(親族の誕生日が同じなど、意外な部分なことが多い)

◆出会う前に自分や周りの環境に大きな変化があった

ソウルメイトだからと言って、第一印象で好きになるとは限りません。

むしろ見た目がタイプでないなどの理由で苦手だと思うこともあるかもしれません。

見た目がタイプではないのに「なぜか気になる」という人がいたら、当てはまることはないか?確認してみると良いでしょう。

運命の人だとスピリチュアルで感じた時のアプローチの方法

もともと知り合いだった場合

先ほどのチェックでもともと知り合いだった彼が運命の人だと確信した場合、どんなアプローチをすると良いでしょうか?

自分にとってのソウルメイトは相手にとっても同じですので、気持ちは共鳴するはずです。

相手とどんな関係にあっても、まずは食事に誘ってみましょう。

食事を共にすることで、「なぜか落ち着く」という感覚が生まれるはずです。

ドキドキよりも安心感を得られるのがソウルメイトですので、男女の仲になるには少しセクシーな要素も必要です。

いつもはしないドキッとさせる服装などで、彼を刺激してみると良いでしょう。

男性はギャップに弱いものです。

安心感のある相手を急に女性として意識することで、恋に発展する可能性が高くなります。

初対面だった場合

初対面で運命を感じた場合は、スピードが大切です。

ソウルメイトはお互いに惹かれあうのですが、その居心地の良さから友人として「慣れあう」関係になるとなる、恋人関係に発展する機会を逃してしまいます。

この人だと感じたら、ためらわずにフライング気味に「好き」だと伝えましょう。

急いで交際を迫る必要はありませんが「異性として好感がある」ことを伝えることが大切です。

友達としての関係が深まる前に相手に恋の相手として意識させることができたら、運命の相手であれば必ず向こうも好感を抱いてくれるでしょう。

運命の人とスピリチュアルで結ばれたら確実に幸せになれる?

2100年には世界の人口は112億人に達すると国連で予想されています。

その中で運命の人に出会える確率はどのくらいでしょうか?

アメリカの天文学者ドレイク博士のドレイク方程式から導き出した「運命の人」に出会える確率は0.0000034%だとされています。

参照 1. ドレイクの方程式 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
参照 2. ナリナリドットコム

天文学的な数字すぎて良く分からないですが、ものすごく低いというか0に近いですよね。

この数字から、世界中の幸せなカップルが全て「運命の人と出会った」とは言い難いと推察されます。

もし、奇跡的に運命の人と出会えたならきっと「パーフェクトな関係」でいられるはず?と考えたくなります。

ここで一つの数字を見て下さい。

同じ両親から、7兆人子供が生まれたとして、初めて同じ遺伝子の子供が生まれる

ブログ by Hidenori MOROI

両親が出会う確率などを考えると、これもまた天文学的な数字になります。

自分が自分として生まれる確率、そして運命の人と出会う確率・・・

そう。

あなたがここにいて、誰かを好きになっていること自体が奇跡なのではないでしょうか。

世界は運命の出会いに溢れています。

そんな奇跡的な出会いを果たしたカップルなのにも関わらず、残念なことに現在日本の離婚率は3割にのぼり、※1 離婚の原因は「性格の不一致」がダントツの1位です。※2

※1:参照 厚生労働省人口能動調査 ※2参照 裁判所|平成29年 司法統計19  婚姻関係事件数  申立ての動機別申立人別  全家庭裁判所  

運命の人・ソウルメイト(自分の魂の片割れ)は他人であり、自分ではありません。

生まれ育った環境によって人格は形成されますので、例えもともと持って生まれた魂がたとえ同じだとしても・・・ぴったりと合わさるとは限りません。

生まれ育つ環境がほぼ同じ双子でさえも、性格は異なります。

つまり、性格が一致するかどうか?性格の好みなどによっていさかいがおきないかどうか?はお互いの努力によるところが大きいのです。

奇跡的に運命の相手に出逢えたとしても、全ての運命を天に任せていては幸せになることは出来ません。

愛情や感情は一定ではないからです。

運命はコントロールできないかもしれませんが、自分の感情からくる行動はコントロールすることが出来ます。

幸せになるためには、相手との関係が良くなる努力をすることが不可欠だと言えます。

まとめ

運命の人と出会う確率は0.0000034%と言われており、しかもそれを直感的に感じることは普通の人には出来ません。

第六感は働かなくても、

・以前にもあったような、懐かしいような不思議な感覚になる

・たまたま同じ瞬間に言葉を発する、同じ瞬間にラインをするというようなシンクロをおこす

・好き嫌いに関わらず頭の片隅で相手の事を考えてします

・相手の匂いを嗅ぐと心地いいと感じる

・手相や耳の形など、体の一部が相似している

・同じ数字を共有している(親族の誕生日が同じなど、意外な部分なことが多い)

・出会う前に自分や周りの環境に大きな変化があった

というようなことを参考に、五感を働かせて感じることは出来るでしょう。

もし「運命の人」と出会えたら、流れに身を任せるのではなく自分から積極的に動きましょう。

ただ、運命の人と結婚しても「確実に幸せになれる方法」は残念ながらありません。

幸せとは在るものではなく、感じるものです。

「相手と共に歩んでいくこと」「一緒に生活していること」が、自分だけでなく相手にも心地いいと感じられるように努力することが、「幸せな結婚」において不可欠なのではないでしょうか。

相手を運命の人だと信じ、出会えたことが奇跡だと感謝することが幸せな結婚への近道かもしれませんね。

この記事があなたと将来の旦那様を結びつけるきっかけとなれば幸いです。

コメントする